みゃあと脂肪肝と便秘

2001年9月、みゃあは入院しました。


このとき、私の知識不足からくる不注意で、みゃあの肝臓の機能が著しく低下、黄疸症状まで出ての入院でした。
そもそもの原因は無理なダイエットにあったと思います。
みゃあの頑固な便秘の相談に行った病院でダイエットを指示されたのですが、1日2回の食餌は「ふやかしたカリカリ」。
食べなくても放っておくこと。猫は何日か食べなくても大丈夫だから甘やかさないこと。甘やかしてきた結果が肥満と言われ、心を鬼にして実行。
その日からみゃあとの根くらべでしたが、みゃあは殆ど口をつけませんでした。
今思えばとても可哀相な事をしたと思います。そして、その頃から徐々にみゃあの肝臓は悲鳴をあげていたのです。

肝臓は内蔵の中で最も大きく、腸から吸収された栄養素を分解したり合成して、必要に応じて出荷するエネルギーの大工場です。
口から入った有害物質や、腸で生まれた毒素を分解するのも肝臓の役目だし、脂肪を消化するための胆汁を生成したりと常に働いてる臓器です。

食事を摂取できないとエネルギーが不足しますが、このとき肝臓はエネルギーの元を作ろうとするため、
体のあちこちに蓄積していた脂肪が一斉に肝臓に流れこみます。その結果、肝細胞が脂質を取り込みすぎて起こる脂肪肝。

この状態にみゃあの肝臓は陥ったようです。

みゃあに大変申し訳なく、そして私自身かなりショックを受けました。
自分の知識がなかったばかりにと悔やまれます。


ダイエットを薦めた病院でなく他の病院での治療。
毎日点滴をしても再入院をしても状態は全く改善されず、ついに「お家で看てあげた方が・・」と。

指をくわえて衰弱していくみゃあを見ていることはできません。 他の病院へ。
そしてその病院で指摘されたのは、肝臓ももちろんですが、それよりも便秘のひどさでした。
その病院では即レントゲンを撮ったのですが、レントゲンの白い影は大量の便で
食餌を摂りたくてもこれじゃあ食べられないでしょうというぐらい腸の中に便が溜まっていたのです。
合わせて、レントゲン写真でみゃあの腰椎が1本少ないこともわかりました。
生まれつき腰椎が1本少ない猫は、どうしても便秘になってしまうということでした。
その日から毎日、肝臓の治療のための点滴と浣腸のための通院、朝晩の家での投薬が始まりました。
始めて5日後の検査では、先生も驚くほどの数値の回復ぶりでした。
それまで出されていた飲み薬は、肝臓に効くが副作用が下痢という薬だったのですが
その薬が上手く効いたようで、その薬に加えて便の滑りを良くする薬も飲むことになりました。


2001年10月。

毎日の通院も3日に1度。やがて浣腸のために行く程度までにみゃあは回復しました。
この月、引越しをしなくてはならなかったので先生に相談したところ、移動に耐えられると言ってくださり
新しい土地での病院を紹介してくださいました。治療についてもすべて引き継ぎをしてくださいました。
転院先で血液検査をしたところ、まだ少しばかり怪しいもののみゃあの肝臓は殆ど回復していることがわかりました。


その後もみゃあは着々と回復。食欲も戻り、体重も少しずつ増えてきました。
通院の間隔も徐々に空いていき、浣腸のために時々病院へ行きます。


この年の年末に帰省したときにもひどい便秘で、帰って早々お世話になった先生の所へ。
大みそか。病院へ行く途中、みゃあが逃げ出したときには本当に焦りました。


2002年。
年が明けても毎日の朝晩の投薬と時折の浣腸は続きます。
みゃあの観察記録がスタートしました。



130720-4.jpg



そして、
この月(18日) 病院を現在の病院に変えました。と共に長い間飲ませていた薬を止めました。

これまで通っていた病院は家から遠く、浣腸の帰りの車の中で催してしまうのです。
狭いねこかごの中で自分の排泄物にまみれながらの家路。可哀相すぎます。
そんな思いから家から近い、ないろのかかりつけの病院へお願いすることにしました。

薬については、この薬は少しずつ効果が薄れていくもので、 この頃与えていた量は最初の頃の2倍にもなっていました。
それを朝と夜と1日2回みゃあの口をこじ開けてスポイトで注入するのですが、それはそれは嫌がっていました。
言葉の分からないみゃあに言い聞かせようはなく、その上、結局のところ時々浣腸に行かなくてはいけない・・・
私たちは、浣腸の回数が増えても、毎日嫌な思いをしなくて済むなら・・
そんな想いで薬を止め近くの病院へと変わり、ゆくゆくは家で浣腸をしようと決めました。





当記事作成
2013年7月

関連記事

テーマ :
ジャンル : ペット

ごあいさつ

きょーこ

  • Instagram やってます♪

    ねこがにっきをかきました♪
    へようこそ!!

    猫さんが書いた日記を
    公開しています
    (2013年8月31日をもって更新停止していますが、みんなの日記どうぞお楽しみくださいね♪)
    ★2017年8月、再開しました。ゆるゆる更新「週刊ねこかき」をよろしくお願いします♪


    みゃあ
    みゃあ(♂)
    2011年6月20日に旅立ちました
    17才でした

    ちび
    ち び(♂)
    2013年7月11日に旅立ちました
    18才でした

    ないろ
    ないろ(♂)永遠のダンディー13才
    2010年1月23日に旅立ちました


    編集人を務めますのは、きょーこです。よろしくお願いします。

    初めましての方は
    こちらを見ていただくと分かりやすいと思います。
      ↓
    みんなの暮らしぶり
    みんなからの ごあいさつ
    みんなの生い立ち


  • Author:きょーこ
ぷろふぃーる
母屋のメンバー紹介
きりきり
きりきり(♀)享年19才
2008年7月27日旅立

ぼんきち
ぼんきち(♂)享年13才
2007年12月16日旅立

くぅ
くぅ(♀)7才
2012年4月27日
天使になりました
最近のにっき
誰のにっき読む?
りんく

みんなの好きなもの

みゃあちびないろごはん&サプリ

世話係日誌

動画(YouTube)


・猫のハンドメイド雑貨


toetoiseshellter*


・手作り雑貨のお店


ムクムクのひなたぼっこ

応援ありがとう
みんなの日記がおもしろかったら ぽちっとしてね♪
それぞれ1日1クリック有効です



人気blogランキング

にほんブログ村 猫ブログへ

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気ブログランキング



いつも応援ありがとう♪

団体
メールフォーム
お名前、メールアドレス、メール本文は公表されません。直接 管理人へのみメールが届きますので、安心してメールを送ってくださいね♪

おなまえ:
めーるあどれす:
たいとる:
めっせーじ:

QRコード
QR
RSSフィード
ありがとう♪


ないろ


みゃあちび


みゃあ&へいじ

ムクムクさんが描いてくださいました。ムクムクさんありがとうございます。

しあわせのたね
ねこさんの箱座りのひみつ
しあわせのたね
しあわせのたね

みんなのあたため姿
ぷろふぃーる
ないろの誕生日「4月8日」が
みんなの誕生日です♪
ぷろふぃーる
ぷろふぃーる
ぷろふぃーる
ブログ内検索
今までの にっき
ねこブログ