光 ひとすじ ふたすじ

明日28日朝から
福島第1原発の半径20キロ圏内の警戒区域で、
放置された犬などのペットの調査と保護が実施される
と発表がありました。
詳細は下記リンクで
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011042701076


やっと・・・。やっと・・・。(涙)


だけど・・・今回は
屋内には立ち入らないとのこと。

でも、飼い主さんから救出の要請があれば、
勝手に入っていいから助けてちょ
って声があれば
臨機応変にかなえてほしいなと思います。


UKC JAPANさんにも
浪江町において
自衛隊と共に、動物の命を救いに行くこと、現地に入ることの
許可が出たそうです。

http://ameblo.jp/dog-rescue/

 

今日の午後には
がっかりな情報にホントがっかり・・・だったのだけれど
ひとすじ、ふたすじの光に少しうれし泣き。



110427.jpg


そのほか色々なもんだいにも
次々と早急に光がさしますように。



23:12追記

20キロ圏内でペット保護へ…獣医師立ち入り

先に国が公表した警戒区域への立ち入り許可基準では、ペットの持ち出しは別途検討するとしていたが、保護を求める要望が相次いだため、まず、県独自で保護することにした。

願いは祈るだけではなく
これからも
声に出して伝えていきたいですね。



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村 ねこがにっきをかきました♪ - にほんブログ村

26日追記 怒り憎しみでは動かせない・・

今日は、本当は

怒り憎しみでは動かせない
といったことを書こうと思って・・・
いたのですが

この報道を見て

なんともやるせない気持ちでいっぱいです。

まだこんなことを言っているのか・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110425-00000072-jij-pol
菅直人首相は25日午後の参院予算委員会で、福島第1原発事故で警戒区域に指定された半径20キロ圏内の住民の一時帰宅について、「(5月の)連休明けからスタートできると見通している」と述べた。
警戒区域内の滞在時間は移動を含め5時間程度とし、自宅滞在は2時間が限度。食品や家畜などの持ち出しは禁じる。自家用車やペットについては「別途検討」するとし、今回は認めない。


環境省では、
21日
ペットの連れ出しなどについて対応を検討
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/503623/

22日には
福島県と警戒区域内のペットの救護について打合せをしています。
http://www.env.go.jp/jishin/taiou1104251600.pdf(PDFです)
環境省と福島県で警戒区域内のペットの救護について打合せ。(4月22日)

まったく進展がないわけではない。
動いているところは動いている。
なのに
「どこか」の段階で滞っている。
「どこかの誰かさん」のところで滞っている。
そう、つい・・・怒りを、つい・・・感じてしまいます。



気を取り直して。


今日、書こうと思ったこと。


22日の警戒区域化に伴い
それまでその場所に留まり動物たちの世話をしてきた
南相馬市のブリーダーさんが、
世話をしてきた動物たちを残したままで
強制的に退去させられ、
そのあと連日、ご本人が市に掛け合っても
一度も立ち入りが許可されないという話

から

その方のご友人のブログ
抗議の電話やメールの協力の呼びかけをなさっているのですが、
その後事態は少しずつ進展していく中
ブログ管理人さんが書かれていることが
印象深く
転載させていただきたいと思います。


※わたしも被災地に住んでいます。
 行政はいま人間のことで手いっぱいです。
 県・市職員は寝食忘れて頑張ってくださっています。
 どうかその点はご理解ください。
 けんか腰での抗議はご遠慮ください。
 行政で、出来ない部分を民間に任せて欲しいのです!!
 あわせて、警戒区域に残された動物たちを救うため、
 民間に保護を委託し警戒区域に立ち入る許可をいただきたいのです。


下記記事より一部抜粋
http://onyawan.blog93.fc2.com/blog-entry-669.html


憎しみからはなにも生まれません。

下記記事より抜粋
http://onyawan.blog93.fc2.com/blog-entry-674.html
 


あたしたちが嘆願書を送る相手、その内容

考えさせられます。



<26日追記>


環境省の対応状況のお知らせが更新されました。

http://www.env.go.jp/jishin/taiou1104261500.pdf
緊急災害時動物救援本部第5回臨時会議に出席し、警戒区域からのペットの連れ出しに係る具体的な実施手順等について関係団体と協議した。(4月25日)

(その緊急災害時動物救援本部では、同日
住民の一時帰宅に伴う動物の保護収容について打ち合わせをしたとなっています。)




テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村 ねこがにっきをかきました♪ - にほんブログ村

23日追記 警戒区域内の動物を救うために

22日、福島第一原子力発電所半径20キロ圏内が
警戒区域になってから、
それまで動物にフードを配ってくれていた人達も
一切立ち入れず「時間」だけが過ぎています。
口にするのもおぞましく今まで書きませんでしたが、
あんな悲惨な状態、餓死や共食いが
このままでは今後も、いえ今も起こっている・・

そう思うと何もしないでいることはできません。


NPO法人 みなしご救援隊からの提案です。



入れないなら、入ってはいけないのなら、
どうしても入らさないというのなら、
入れる人に食料を与えてあげてくださいとお願いしたいのです。
東京電力関係者、警察、自衛隊、その他、
進入可能な人たちが、各団体から渡せる食料を
動物たちの元に供給してもらえたら、
彼らの命は救えるかも知れません。
そこで、皆様にお願いです。
考えられる、あらゆる関係機関に、その働きかけを行ってください!



http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/archives/51898690.html
上記より一部抜粋して転載しました。
リンクより全文読んでください。


そんな中、今日の被災地動物情報のブログ
このような記事が上がりました。
以下転載



猫の餌やりを嘆願された方の体験談。
20キロ圏内に立ち入りの許可書は出なかったそうですが、
市の職員さんがかわりに週に1度、
餌と水やりをしてくださると約束してもらえたそうです!!

(中略)

立入許可の判断については各市町村の長にかかっています!
この勢いで
『動物愛護団体に立入許可』
を嘆願していきましょう!!!
ご協力お願いします!!!



http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10869911879.html
上記リンク先には市町村連絡先リストもあります。


そして、もう1つ。



災害対策に関し、今重要視されるのは、
一番が被災者のご要望であり、知事、市長、町長さん方のご協力が大とのこと。
ペットを心配されてる被災地の生の声、実名で集められませんか?
国を動かす訴えは、家族の一員でもあるペットの安否気遣う被災地の方々の声です。



http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-10869881826.html
一部抜粋転載。
リンクより全文読んでみてください。
日本という国ではこの方法が一番有効なんだろうか。
どこかの偉い先生に「鶴の一声」を発せさせられたら
嘘みたいに事態は好転するのかも。


以上、23日追記分おわり。
ねこにっきを楽しみに来てくださっている方には
連日このような内容で申し訳ありません。






福島第一原子力発電所半径20キロ圏内が
警戒区域になるにあたって

一切の立ち入りを不可とするのであれば
その前にすべての動物を避難させて下さい。

動物に慣れていない方の動物救出は難しいと思いますので
動物の扱いに慣れ救出作業が可能な団体などに
正式に動物の救出を依頼して下さい。

運び出す際のバスなどの大型車両を用意して下さい。

「緊急事態応急対策に従事する者」の中に
動物レスキュー者も含めて下さい。
一斉の避難が不可能であっても、餌と水を与えるため
警戒区域内にそれらの者が入れるように取り計らって下さい。



原子力安全・保安院にお願いしました。

<追記>
直接メールフォーム画面を開かずに
まずホームページを開いて右から2番目の「お問い合わせ」をクリックしたほうが
スムーズに送れるようです。



怒り嘆き悲しむのは今じゃありません。

今は尽くすときだと思うのです。



110421-1.jpg



テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村 ねこがにっきをかきました♪ - にほんブログ村
ごあいさつ

きょーこ

  • Instagram
    やってます♪

    ねこがにっきをかきました♪
    へようこそ!!

    猫さんが書いた日記を
    公開しています
    (2013年8月31日をもって更新停止していますが、みんなの日記どうぞお楽しみくださいね♪)
    ★2017年8月、再開しました。ゆるゆる更新「週刊ねこかき」をよろしくお願いします♪


    みゃあ
    みゃあ(♂)
    2011年6月20日に旅立ちました
    17才でした

    ちび
    ち び(♂)
    2013年7月11日に旅立ちました
    18才でした

    ないろ
    ないろ(♂)永遠のダンディー13才
    2010年1月23日に旅立ちました


    編集人を務めますのは、きょーこです。よろしくお願いします。

    初めましての方は
    こちらを見ていただくと分かりやすいと思います。
      ↓
    みんなの暮らしぶり
    みんなからの ごあいさつ
    みんなの生い立ち


  • Author:きょーこ
ぷろふぃーる
母屋のメンバー紹介
きりきり
きりきり(♀)享年19才
2008年7月27日旅立

ぼんきち
ぼんきち(♂)享年13才
2007年12月16日旅立

くぅ
くぅ(♀)7才
2012年4月27日
天使になりました
最近のにっき
誰のにっき読む?
りんく

みんなの好きなもの

みゃあちびないろごはん&サプリ

世話係日誌
2009年~2011年闘病記録

動画(YouTube)


応援ありがとう
みんなの日記がおもしろかったら ぽちっとしてね♪
それぞれ1日1クリック有効です





にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキング【ブログの殿堂】



いつも応援ありがとう♪

メールフォーム
お名前、メールアドレス、メール本文は公表されません。直接 管理人へのみメールが届きますので、安心してメールを送ってくださいね♪

おなまえ:
めーるあどれす:
たいとる:
めっせーじ:

QRコード
QR
RSSフィード
ありがとう♪


ないろ


みゃあちび


みゃあ&へいじ

ムクムクさんが描いてくださいました。ムクムクさんありがとうございます。

しあわせのたね
ねこさんの香箱座りのひみつ https://しあわせのたね.fc2.net/
Instagramはこちら
しあわせのたね

ブログオリジナルは
 ↓ ↓
しあわせのたね
しあわせのたね

みんなのあたため姿
ぷろふぃーる
ないろの誕生日「4月8日」が
みんなの誕生日です♪
ぷろふぃーる
ぷろふぃーる
ぷろふぃーる
ブログ内検索
今までの にっき
ねこブログ